英語耳、日本語耳

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/10/12/052/index.html

日本人は日本語の規則にあうように自動的に子音一つに対して、
母音一つを補っているのだそうだ。
英語を習い始めた頃一番最初に苦労したところだ。

振り返ってみると、
母音を何でもかんでも足しているかというと、そうでもなく、
基本的に綴りに母音がないところでは「ウ」の音を足しているという感じがする。
例えば “describe” なら「デスクライブ」、つまりscのところはsucuのように聞こえるし、発音してしまう。
これはみんなそうじゃないかと思う。

ところが、英語以外の言語を習ったときに、気づいたのは、
子音が複数続く言語すべてが、同じように聞こえるわけではないということだった。
学生時代にスペイン語を習ったときに気づいた。

例えば上記の英語に近い音の単語で”escribir”「書く」とういう語があるが、
scの所は英語のときと違って「エスキリビール」suciのように、
cとrの間には「イ」の音が聞こえることが(自分には)多い。

母音は発音されていなくても、子音を発音するときの口の形が関係あるのだろうか。

気になる。
こういうのって何調べればいいんだろう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す