試乗記 フーガ・ハイブリッド

新型セレナ、エルグランドと同じ日に
なんとラッキーなことにフーガ・ハイブリッドにも試乗した。

セダンに乗ること自体が久しぶりでとっても新鮮だった。
以前はプレセアやブルーバードに乗っていたので、
この車高自体は初めてではないんだけど、
ミニバン慣れしたこの体にはフェンダーラインがほとんど見えないくらい
沈み込んだドライバーズシートに座ると、ちょっと不安。
ディーラーからの出口で右折するんだけど、
左前方の角が気になってしょうがなかった。
いつかはBMWセダンと思っている自分としては、
たまにはセダンにも乗っておかないとなと反省。

とにかく、久々のセダンが新鮮だったのと、
あまりにも高級な内装だったので、あっとされてしまった。
ドアトリムとインパネ周りにはきれいな木目パネルがはまっていて、
つやつやと光り輝いていた。

さて、運転した感じはというと
ハイブリッドを感じさせない味付けが、
ある意味拍子抜けだったといえばそうだし、
自然なフィーリングだったと言えばそうも言える。

モーター駆動かどうかのランプ表示がメーターパネル内にあるんだけど、
クリープ状態から少しでも踏むとランプが消える。
モーターはエンジンのブースター的な使い方なのだろうか。

とにかく、ちょっと踏めば軽々と車体を進めてくれるので、
アクセルを1cm以上踏み込む必要が全くない。
車の運転が好きだっ!てドライバーにはかなりフラストレーションがたまるかも。

ブレーキは遊びが少なく、少し踏むとモーター回生とブレーキがバランスされて
聞き始める。あまり踏まなくてもしっかり効くのでとても安心感がある。

運転するのが楽しいかどうかは、高速道路にでも行ってみないとわからない感じ。
ただ、運転しても全く疲れないだろうなという想像はつく。

高級セダンに乗りたくて、環境性能、エコを追求するならおすすめの車と言えそうです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す