新型日産セレナ(2010年、C26)試乗記、続きの、更におまけ

前回
http://d.hatena.ne.jp/CloudyDesert/20101208#1291762160
続き。
新型を試乗した直後だったので、
新旧比較してしまったのだが、
実際は、正常進化した、モデルチェンジ。
ということで、今回は新旧共通の長所を書いてみよう。

まず、一番便利なのが、2列目中央の小さなシート。
背もたれをたたむと、カップホルダー+小物置きになる。
前回も書いたが、肘掛けにはチョット低い。
が、小物を置いたりなにかと重宝する。
さらにこのシートは1列目にも持って行くことができ
少人数乗車の時は、携帯電話を置くのに便利。
カップホルダーに、携帯がちょうど収まるよう
横長のスリットが入っている。

この状態だと、2列目を倒さず、3列目へと
ウォークスルーできる。

そして2列目の左側シートは、左右可動式。
中央シートを1列目に追いやった状態で、
この左側シートを中央によせると、
2列目左に空間ができた状態で、かつベンチシートになる。
この状態でもドアを開ければ、3列目にウォークスルーできる。

特に新型では、スライドドア開口部が広がり、
乗降しやすい。もちろん旧型でも十分な広さだ。

3列目の跳ね上げには、旧型はバネ
新型はダンパーで、力はあまりいらないが
4.5年経ったウチの旧型は、ややバネが弱ってきたか?
この装備を各社に先駆けて装備したセレナだけに
今回のモデルチェンジでさらに使いやすくなった。
詳細は前々回参照を。

ま、とにかく、子供連れには、痒い所に手が届く車No.1ではなかろうか。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す