AirPlayをWindowsで動かすソフトまで登場!

先日出たMacをAirPlayの出力先(クライアント)にするAirPlayerというフリーソフトのウインドウズ版に当たるソフトが開発されたようです。
エンガジェットさんの記事からリンクをたどると、
短いデモ動画を見ることができますが、なかなかどうして、立派なものです。
実験的な作品で動作保証はないそうですが、まあ、試しにやってみるには面白そうです。
ただ、Appleは非純正品には厳しいからな~。
いずれこういったソフトを出力デバイスに選べないようアップデートしてくるんだろうな…

以前非純正品のiPhone用AV出力ケーブル買って、いい買い物したと喜んでいたら、翌日のiPhoneOS3.2アップデートで音声しか出なくなってがくぜんとしたことがあります。
いまさら純正品も買う気がしなくて、ずっとTVに繋がずじまいだったんだけど、またそんなことがおきたら悲しい…
あれ以来、Appleの認証ない製品は怖くて買えません。
Appleの戦略にハマりっぱなし。
Appleブランド大好きだけど、ココだけはちょっといただけません。

以下元記事です。

Erica Sadun 姐さんが公開した一連のハックで活気づいている AirPlay 界隈に、今度はWindows対応アプリが加わりました。Apostolos Georgiadis 氏が公開したのは、AirPlay ビデオを受信できるWindows アプリ AirMediaPlayer。iOS デバイスまたは互換プレーヤから送信先に指定することで、Windows PC を Apple TV のように使うことができます。つまり Mac OS で動く AirPlayer の Windows版にあたるもの。…..
http://japanese.engadget.com/2010/12/23/windows-airplay-airmediaplayer/

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す