iMovie9, iMove11をNASで使うハック

去年買ったMacBookProのハードディスクがいっぱいになってきたので
iMovieのイベントファイルNASか、Windowsで作ってるサーバに移すことにした。
が、愕然。
iMovieは前バージョンからネットワークストレージ非対応となっておりました…
あれこれ調べて見ると、割と簡単に解決。
ターミナルで以下のコマンドを実行するだけで、隠れモードとなったNAS対応モードになります。

defaults write -app iMovie allowNV -bool true

これで、使えるように!
あとは、イベントをドライブ毎に表示(イベントパネル右上のボタンをクリック)して、
移動したいイベントをドラッグすれば完了。
(普通にやるとコピーになるので、移動にしたい場合はコマンドキーを押しながら)

ただうちでは少しだけ不具合が。
NASに移すとイベントの日付が変わるので、メニューから「クリップの日付を直す」で修正しています。

そして、棚からぼた餅。
本来iMovieはHFS+(Mac形式ジャーナリング)でフォーマットしたドライブでなければいけないんですが、Windowsのファイルサーバ上のNTFSボリュームにも、iMovieイベントを移せるようになりました。
(ただし、MacでNTFSに書き込みするためには、事前にMacfuseというフリーソフトを入れておく必要があります。うちはWindowsから移行する時に入れていたので、今回はタナボタで、Movieのバックアップ先がダブルでふえました。)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す