Air Mac Extreme で 無線LAN 11n 5GHz を導入

ヘビーなMacユーザーである友人の強い勧めに説得され、Air Mac Extremeを購入した。買っApple AirMac Extremeベースステーション MC340J/Aで2009年に発売された現行モデル(2011.2月現在)
Amazonでは旧型も出品されていたりするので、要注意。
前のは2.4GHz/5GHzの同時使用ができないのでくれぐれも注意。見た目がおなじなのでMC340J/Aという型番を確認!!

これはすごくいい。速いし、安定している。
値段は16800円と高めだったけど、それだけのことはある。今までのコレガよりも、更にいい。USBでハードディスクやプリンタサーバとしても使える。まだ試していないがUSBハブをさしてもいけるらしい。
フレッツのルータがあるので、ルータ機能はOFF。ブリッジモードで使用している。以前バッファローの無線LANルータを同様に使っていたときは1~2週間ごとに繋がらなくなっていて、リセットしなければならなかった…フレッツのルータと相性が悪かったのだろう。

さて、これらの設定は、付属のAirMacユーティリティーで設定できる。ウイザード形式で、質問に答えていけばものの3,4分で設定は完了する。また、最近のMacなら最初からこのアプリが入っている。

少しこつを要するのは、5GHz接続の設定だ。

APPLE AirMac Extremeベースステーション MD031J/A

APPLE AirMac Extremeベースステーション MD031J/A

普通にセットアップしただけでは11n/g/bの2.4GHz接続しかセットアップできないので、上記のセットアップがし完了してから、もう一手間かけかかる。

いったん設定が終了すると、AirMacUtilityの画面上に設定を終えたAirMacExtremeが表示され、詳細設定ができるようになる。

ここで、詳細設定を選択。新しいネットワークを作成する。ここで、先ほど作った標準の接続名とはちがった名前をつけておくとわかりやすい。(AirMac5Gとか)

接続設定をOKすると、AirMacExtremeが再起動して、5GHz接続が使えるようになる。

Macユーザは以下の点に注意。
メニューバーのAirMac接続状態のアイコン(WiFi電波のアイコン)をクリックして、先ほど作成した5Gネットワークを選び、接続先を切り替えるとつながる。
ただし、これでは次回Macを再起動したときに、最初に作った2.4GHzネットが優先されてしまう。

以下の手順で優先接続順位を変えておく必要がある。

まず、AirMac接続状態のアイコンから詳細設定を選ぶ。
一覧からAirMacを選び、詳細設定に入る。
接続先の優先設定のまどに、接続可能なWiFi接続がずらっと並んでいるの。
その中から先ほど作成した5GHzネットワークを選び、その欄の一番上に持って行く。
これでOK。
次回からは起動直後から5GHZネットに接続するようになる。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す