HP webOS, Personal Computer分野から撤退。

webOSがTouchPadよりもiPadに載せたほうが早かったという話をしたばかりですが、撤退の知らせが入ってきました。

ヒューレットパッカードと言えばPCにおける世界シェアは18.1%で、12.9%で2位のDellを大きく引き離してトップに君臨している企業です。

また、先日の記事ではモバイルコンピュータ出荷数で、アップルを追って2番手でした。
(Appleモバイルコンピュータ出荷数トップに
どうして撤退に…。どうやら、同分野の利益率の低さが問題のようです。

PalmとwebOSを買い取っていくらも立たないうちに撤退とは、思い切った事業再編に出たものです。
残念ながらこれでPalmのインターフェイスを使う端末は世界から消え去ってしまうようです。
白黒表示のころのPalmOSに憧れたころがなつかしくおもいだされます。

詳しくはマイコミジャーナルさんの元記事をどうぞ。
米HPがwebOS事業から撤退へ、PC部門も事業分離を含むリストラ計画の対象に | パソコン | マイナビニュース

関連記事
ヒューレット・パッカード、墓穴を掘る。  iPad2の性能を再評価。 – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す