iOS 標準の写真アプリの表示の不具合、対処法。

iOS5の「写真」アプリの動作不良が幾つか起こっているようです。

一つは、サムネイルをクリックすると、違う写真が表示されるバグ。
私もこれになりました。とくに「イベント」タブから選んだ場合、後の方のイベントを選ぶとこの現象が発生しました。

もう一つは、サムネイルをクリックすると、写真が表示されるのですが、明らかにサムネイルを引き伸ばしたような荒い画像が表示される現象。
私は、これも発生。とくに最初の方のイベントを選んだ時に起こりました。

これ以外にも、単純にうまく同期がされてない場合もあるようです。

対処法:
全てに当てはまるかわかりませんが、一旦写真を同期しない設定にして、iPhoneから写真を削除し、その後同期しなおすと治る場合が多いようです。
「iPhoneの復元」を使うとよいという書き込みもよく見かけますが、時間がかかりますし、治ってない場合も多いようです。
簡単にやれるのでまずは以下の方法から試してみてください。

1,Mac (or PC)のiTunesで、iPhoneを選びます。
2.写真タブの左上 「写真の共有元」のチェックボックスを外します。(以下の画像赤丸部分)
f:id:CloudyDesert:20111021211036p:image
(このやりかただと、同期するように選んでいる写真の設定が変わらないので、あとで同期し直すときに、今まで入っていたのと同じ写真が同期されるようになります。)
3.これで一旦右下の「適用」ボタンを押して同期します。
4.すると、以下の画面のようなダイアログボックスが現れるので「社員を削除する」を選びます。
f:id:CloudyDesert:20111021214958p:image:w360

5.同期が終わるまでまちます。

6.同期が終わったら、一度手順2で外したチェックボックスをオンにします。
f:id:CloudyDesert:20111021211036p:image

7.あとは同期するだけですが、iPhoneに転送したい写真を選びなおす場合はここでやってください。
8.では、画面右下の「適用」ボタンを押して同期しましょう。

おそらく大概の場合はこれで治ると思います。

今回の不具合は、以前からiPhoneの母艦として使っていたMac(/PC)のiTunesで起こっているのではないかと思います。
うちではiOS4かアップグレードしたiPhone4も、新たに買ってきた家族の分のiPhone4Sも同じようにおかしくなっていました。2台ともこの方法で回復しました。

おそらく復元を使う対処法では、不具合込みのデータを書き戻すのでうまくいかないのではないでしょうか。
やはり、その場合は写真の同期を切るか、今まで選んでなかった写真のみにしてみるとかすると良いかもしれません。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す