米国、iPhoneがAndroidを追う!

comScoreの最新の統計を9to5Macさんが掲載しています。

これによると、スマートフォン全体の売上自体も上昇しているようですが、iPhoneも9月時点より2.2ポイントシェアをのばしています。Androidも2.5ポイントの上昇で、追えば逃げ、逃げれば追うようなデッド・ヒートを展開しています。

この結果iPhoneが約30%、Androidが47%のシェアを占め、この2種だけで8割弱を占める寡占状態になっています。

この様子では、Windowsフォンのつけいる隙はないんのではないでしょうか。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す