人材流出が続くApple。iPod, iPhone開発部門副社長David Tupman氏がApple退社。

9to5Macさんによると、長らくAppleの復活劇を牽引してきた開発メンバーが昨年末を持って辞職していたそうです。
下図を見てわかるように数あるTupman氏はVP(VicePresident)職のうち、iPodやiPhoneのエンジニアリングを統括していた人物です。

10年以上にわたってこのポジションでアップルの基幹となる製品の開発に携わった人物が去るというのは間違いなく大きな損失です。

が、この記事に寄せられたコメントを見ると、「皆がここで何かを得て、新天地へと旅立って行く」、「アップルの復活に十分貢献してきた」、「また新たな人材がこの穴を埋めるだろう」とおおらかで、楽観的な見方の人も多いようです。。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す