iPad3発売に向け1080pフルハイビジョン動画コンテンツの用意着々と。新型AppleTVも。

Mac RumorsさんによるとAppleはiPad3の発表にあわせて、1080p(フルハイビジョン)のHD動画コンテンツの準備に取り掛かっているようです。

現在iTunesストアで配信しているのは現行iPad、AppleTV720pHD(ハイビジョン)かSD(標準画質)

Apple Apple TV MC572J/AAppleは3月第一週に開くメディアイベントで新型iPadをお披露目すると見られています。

新型iPadのディスプレイは2048×1536の高解像度を誇り、1080pのフルHDも余裕で表示できます。しかし、現在AppleがiTunesStoreで配信しているのは、最高で720pのHDです。ちょうど現行AppleTVの最高解像度と一致しています。

Appleがすでに次世代AppleTVの開発に着手しているという情報はキャッチしています。昨年10月に最新のiOS5のコード内に、見発表のAppleTV3.1の記述を発見しています。昨年中には映画会社に1080pのコンテンツを提供するように要請しています。

レティナディスプレイ搭載のiPadの登場はAppleにとって1080pコンテンツ配信の絶好の機会となります。そして、ちょうど新型AppleTV発売の時期に一致するのもつじつまが合います。9to5Maもちょうど現行iPadの在庫が、Best Buy, Target, azonなど各店舗とも少なくなっていることを報じています。AppleTVがiPadと同じ時期に刷新されるのは、タイミング的にもよさそうです。

AppleTVは我々のサイトのバイヤーズガイドに載ってない商品の一つでが、掲載していない理由は、AppleTVはユニークな製品で、そ主にiTunesコンテンツをテレビ画面で再生するために、リビングで使う機器だということが理由です。現在では、結果的にiTunesコンテンツのほとんどを再生できるので、AppleTVのハードウェアを無理に更新する理由はありません。

10月の記事では
「ということで、Appleがいつ新型AppleTVを発売するのか定かではありません。しかし、1080pHDのiTunesコンテンツや他のテレビ戦略と連動させてくると考えます。」
とお伝えしました。

もし本当にAppleがiPad3の発売を、話に出ている1080p動画のiTunesStore投入の機会と考えているなら、AppleTVもおそらく歩調をあわせてくるでしょう。

現在のAppleTVも本当に素晴らしい機器ですし、ファームウェアアップデートのたびに、iPhone、iPadとの連携が強まり便利になっています。
特にAir Play機能で、写真や動画をiPhoneから飛ばして大画面表示するのは家族の団らんを楽しく演出してくれます。

自分のMacやiPad、iPhoneのコンテンツを視聴するのがほとんどで、AppleTVで直接映画をレンタルしたことは数回しかありません。

DVDを借りてくるほうがやすかったりしますから・・・
ただし、仕事が忙しく、時間が自由にならない人にとってはオンデマンドでその場でレンタルできるシステムはとても便利なことと思います。

そして、1080pHDともなれば、DVDでは太刀打ちできないほどの画質になります。田舎ではまだまだブルーレイのレンタルは品揃えがいまいちだったりします。AppleTVで借りるほうが良い場合も出てくるのではないでしょうか。

あとは現行で8000円台のAppleTVが、次はいくらになるのかが気がかりなところです。

Apple Apple TV MC572J/A

Apple Apple TV MC572J/A

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す