新しいiPadのWiFi問題、調査に着手。ついにAppleが動着始めました。

発売当初から、WiFiの接続が悪いとの不満が寄せられていたiPad第3世代(iPad2012)。Appleによると「ごく少数」のユーザーから接続が途切れる、電波が弱いなどとの報告を受けているとの報告が先日ありました。(過去記事)

Mac Rumorsさんによると、ついにAppleが対処に入ったようです。

https://i1.wp.com/cdn.macrumors.com/article-new/2012/03/wireless.jpg?w=300Apple Care用の内部文書を9to5Macが明らかにしています。それによるとAppleはWiFiの接続問題について目下調査中とのことです。

米国内の各コンタクトセンターおよびAppleストア(リアル店舗)は第3世代iPadのうちWiFiのみのモデルにWiFi関連トラブルがあれば、その機体を「確保(or捕獲)」してください。
該当する症状としては
・接続が途切れる
・接続速度が遅い
・WiFiネットワークが見えない
などです。

この方針は「WiFiのみ」モデルに限定のようで、LTE(4G)モデルには関係無いようです。該当のユーザーは新しいiPadと交換になっているとの報告が寄せられています。「捕獲」された機体はAppleのハードウェアエンジニアの元へと送られ、詳しい調査がされることになります。

新しいiPadは発売直後より、WiFiに問題があるとのユーザーからの報告が寄せられていました。

該当するかどうかはわかりませんが、iPad(1)で電波がビンビンに届いているところでも、新しいiPadでは電波が2本という感じです。
問題なく使えていますが、どうなんでしょう。
WiFiルータもApple純正の我が家でこの有り様では、他社製で相性が悪いルータなんかだと、つながらないなんてことも本当にありそうですね。

以前コレガやバッファローの製品を使っていて、Windows時代には不満がなかった製品でも、Macにしてから相性が悪いこともありました。

AirMac Extremeにしてから大変快適。
Macに乗り換えた方はWiFiルータの変更も検討してみてはいかがでしょうか。
 MacからもWindowsからもApple純正の管理ソフトで設定できますし。AirMacExtremeのUSBポートに外付けHDDを接続して、NAS(ネットワーク接続ストレージ)として使えます。大変便利。
 また、家ではやってませんが、USBポートにはプリンタを接続して共有することもできます。(対応プリンタのみ)

2011年に新機種になっていますので購入の際は以下の型番のものが今のところ最新です。(アップル製品は見た目ではモデルがわからないのでご注意ください。)
Amazonなら

APPLE AirMac Extremeベースステーション MD031J/A

APPLE AirMac Extremeベースステーション MD031J/A

繋がりゃいいよという方はAirMac Expressもあります。

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す