太陽光発電だけではなかった!Apple新データセンター、埋め立てガス利用の燃料電池??

9to5MacさんによるとAppleの新しいデータセンターのパワープラントはソーラーパワーだけでなくバイオマス燃料電池も利用するとう環境配慮ぶりだそうです!

Appleがノースカロライナ州に建設中の新しいデータセンターはiCloudの要です。このデータセンターの電力供給に関して今日新たな展開がありました。

最初CNETの一報と、本日見つかった書類によると、アップルはBloom Energyにデータセンターに電力を供給する燃料電池を依頼した。それぞれの燃料電池はバイオガスと酸素などを反応させ200kWを発生します。アップルはデータセンター向けに4.8MWの燃料電池プラントを計画しています。データセンターは20MWを消費します。
Appleはそれ以外の電力を隣接する174エーカーのソーラーパワープラントから20MWを供給すると言われています。

Bloom Energyは本日、Newarkに新たに操業するあらたな工場について発表しました。この工場はおそらく、全てではないにしろ幾らかはAppleのデータセンターに燃料電池を供給するはずです。
これによりBloom Energyは数百名の雇用を創出し、カリフォルニアでビジネスを展開することになります。

Bloom Energyの燃料電池は天然ガスかバイオガスを必要としますが、Appleは面白いアプローチをとるようです。現地の埋立地の堆積物を利用してバイオガスを発生させるのです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す