新型MacBook Pro 15インチ。極薄+レティナ・ディスプレイで今夏登場!?

Mac RumorsさんによるとAppleの次期MacBook Pro(2012モデル)はより薄くなって、レティナディスプレイを搭載するとのことです。

Appleが新型MacBook Pro15インチの仕上げにかかっているようです。ここ数年の極薄コンピュータや超高解像度ディスプレイの開発、その他研究の成果がいよいよ形になります。

新型の試作品の部品や筐体を自ら取り扱ったという、Appleのサプライチェーン内の信頼出来る情報筋によると、新型は目下試作段階に入っているそうです。

新型は今夏発売で、極薄の筐体デザイン、「驚愕の」レティナディスプレイ、高速なUSB3を搭載とのことです。

最近、iPadありの生活にもだんだん馴染んできて、コーヒー片手にくつろぎながら、メールやニュースをチェックするにはiPadが手放せなくなっています。RSSリーダーはMacよりiPadの方がつかいやすいなっとますます感じています。

とは言え、資料をみながら長文を打つには物理キーボードが必須だなあと感じます。私の使っているEarly 2010(?)のMacBook Proは15インチモデルで、オプションで高解像度ディスプレイにしています。これでも十分すぎるほど高解像度なので、表示できる情報量は文句なしです。

が、しかし、隣に新しいiPadを置くとその差は歴然!
今まで滑らかだと思っていたフォントも、レティナディスプレイの超スムーズな文字を見てしまうとアラが目立ってしまいます。

人間の慣れって恐ろしい。もう普通のディスプレイには戻らない体にされてしまいました。

レティナディスプレイ中毒のあなたにうってつけの新MacBook Pro、期待です!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す