Retina MackBook Pro 分解!内部も美しすぎる。

9to5Macさんによると、例によってiFixitが新型機のぶん会を早々とやってくれたようです。

新型MacBookProレティナディスプレイモデルを分解した結果わかったことは、「小さなボディーにあまりにも綺麗にパッキングしているので、今までのMacの中で最も修理が大変だ」ということだそうです。

従来のMacBookPro シリーズのパッケージングと基本的には同じような構成ですが、目新しいものとしては、非対称型ファンと95Whバッテリーです。

のこの非対称型ファンは、理論的にはノイズ低減に大きな高価があるそうです。HDDもDVDドライブも排除した今、最大の騒音源はやはり放熱用のファンです。

ここにしっかり対策をやってきたあたり、さすがユーザーの使用時の質感を売りにしているAppleと言えます。

いずれは、物理キーボードの打鍵音も消える日がやってきたりするのでしょうか!?

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す