Microsoft 新型タブレット衝撃のデビュー。その名も”Surface”

マイクロソフト製のタブレットががついにその姿を表しました。
その名も Surface
(発音はサーフェス、サーフィス、サーファスどこに落ち着けるのだろうか?)
上記写真では、キーボード機能内蔵のスマートカバー的なものを装着した状態です。
また、背面スタンドは本体に最初から搭載されています。

やはりマイクロソフトが作ると、同じタブレットとは言えAppleとは違った路線のものになるのですね。
すっきり見た目のApple vs 多機能搭載アピールのMicrosoftというイメージがあるのは私だけでしょうか。

デザインを損ねてでも、スタンドを付けるあたり、多機能好き・メカ好きの私のような者には、これはこれで結構な魅力です。

今回発表されたのは2つのシリーズで

1つ目は
Windows RT
NVIDIA ARMプロセッサ
10.6インチディスプレイ
標準サイズのUSB2.0ポート
microSD
背面スタンド
厚さ9.4mm
重さ676g
PVD(マグネシウム蒸着コーティング)ボディ
32GB/64GBの2モデル

2つ目は
Windows 8 Pro
Intel Ivy Brigge (Core i5)プロセッサ
10.6インチディスプレイ(FullHD)
標準サイズのUSB3.0ポート
microSD
Mini Displary Port
背面スタンド
重さ903g
厚さ13.5mm
PVD(マグネシウム蒸着コーティング)ボディ
64GB/128GBの2モデル
ボディにマグネットで装着できるペンのオプション
(光学的な処理で、ダイレクトな入力感??)

また、オプションとして
上記写真のようなキーボード内蔵型のスマートカバー風のカバー2種類を発売します。
上の写真のTouch Coverはカバーの素材をそのままキーボードにしたような感じで、トラックパッドも搭載。

もうひとつはのType Cover。下の写真のように、メカニカルなキーとトラックパッドを搭載してます。
f:id:CloudyDesert:20120619111658p:image:medium

ユーザー側として注意したいのは、Windows8Proバージョンの方は、どちらかと言うとPCよりな機種であるということです。

タブレットの身軽さを求めるには少し重さの面でも機能面でもヘビー過ぎるかもしれません。

追記
紹介動画が結構な迫力です。

D

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す