時期iPhone5はNFC搭載!?

9to5Macさんによると次期iPhone(iPhone5)にはNFC(Near Field Communication=お財布ケータイ機能に使われる技術)を搭載するようだとのこと。

以前にお伝えしたように、iPhone5,1 / iPhone5,2という試作機(コードネームN41AP(5,1) / N42AP(5,2))が存在しています。それらには1136×640のディスプレイが搭載されていることから次期iPhoneのディスプレイは4Sよりも大型化すると予想されています。

ハードについても様々な情報をお伝えしてきましたが、一つ大事なものをお伝えし忘れていました。さらにハードウェア・コードを解析したところ、NFCの搭載が判明しました。

確かにNFC搭載をにおわせる証拠は山ほどあります。先のWWDCで発表されたiOS6のPassBookアプリについては、発表以前に私たちが、NFCとの連携機能も含めてお伝えしてありました。

これでAppleはGoogle Walletと、先日発表されたMicrosoftの同等機能とのシェア争いに乗り出したということになります。

AppleがCitibank など既存のクレジットカード決済機関と連携することも十分考えられまし、あるいは、既にiTunesでひも付けされている何百万ものクレジットカードを連携させ、アップル自身が一種の決済機関化することも考えられます。

またNFC技術は、iPhone同士の近距離ファイル共有にも威力を発揮しそうです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す