アドビ社、モバイル向けFlashの新規インストール停止、8月中旬

iPhoneはフラッシュを使ったサイトが見られないから不便ね・・・と後ろ指さされていた時代がついに終わりを告げそうです。

AdobeがAndroid向けのGooglePlyマーケットプレイスへのフラッシュプレーヤーの掲載を停止します。

すでにインストール済みのデバイスについてはその後もアップデート等の提供は続きますが、新規インストールは8月15日以降はできなくなります。

多くのユーザーの要望にもかかわらず、ジョブズが頑として譲らなかったフラッシュからHTML5への移行。

結果的には正しい判断だったと言えます。

多くの動画サイトがHTML5にも対応した今となっては、フラッシュがどうしても必要なのはブラウザゲームや、一部の(大部分の?)企業の意味もなく派手なページだけというところでしょうか。

私は、日産車ユーザーなのですが、去年辺りに日産のモバイル用ページがiPhone対応のためにフラッシュをやめたあたりから、こんな日が来るのではないかなと、少し思っていました。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す