Apple iTVはやはりすぐには出ないのか?!Apple上級副社長Eddie Cueの発言をアナリストが分析。

さて、とうとう9月が目前になって来ました。
今回の9月13日に発表されるであろう新製品は、iPhone5、iPad mini、ひょっとするとiPadも、そしてさらにはiTVもと、噂が盛りだくさんになっています。

ここへ来て、9to5MacさんにiTVの発売はまだまだ先になるのではないかというアナリストの分析が掲載されています。

最近の報告によると、Appleはケーブルテレビ局とかなり深い交渉しており、新たなケーブルテレビプラットフォームの構築に取り組んでいるようです。そしてこの事実をアップル製の HDフルテレビセットの発売に結びつけて考えている人も多いようです。

JefferiesのアナリストPeter Misek氏がつい先週、アップル製テレビはすでにフル稼働生産中であると伝えており、加えて、平均価格1,250ドルにて、200万台を2013年の早い段階までに売り上げるとの予測を立てています。(Link 先週の記事)

また、Pacific CrestのアナリストAndy Hargreaves氏は、AppleのCFO Peter Oppenheimer氏と上級副社長Eddie Cue氏と水曜日に対談していますが、彼がクライアントに宛てたメモによると、AppleのHDTV業界への参入が「間もなくである可能性は非常に可低い」と書き記しています。Fortune紙が彼のメモの抜粋を掲載しています。・・・

 

Hargreaves氏のメモ抜粋、訳す時間がないので以下原文ママ掲載。

An Apple Television Appears Extremely Unlikely in the Near-term
Relative to the television market, Eddy Cue, Apple SVP of Internet Software and Services, reiterated the company’s mantra that it will enter markets where it feels it can create great customer experiences and address key problems. The key problems in the television market are the poor quality of the user interface and the forced bundling of pay TV content, in our view. While Apple could almost certainly create a better user interface, Mr. Cue’s commentary suggested that this would be an incomplete solution from Apple’s perspective unless it could deliver content in a way that is different from the current multichannel pay TV model.
Unfortunately for Apple and for consumers, acquiring rights for traditional broadcast and cable network content outside of the current bundled model is virtually impossible because the content is owned by a relatively small group of companies that have little interest in alternative models for their most valuable content. The differences in regional broadcast content and the lack of scale internationally also create significant hurdles that do not seem possible to cross at this point.

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す