iPhone5は米国以外でもLTE対応か。

9to5Macさんによると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたとして、次のうように伝えています。 9月12日に発表が予定されている次期iPhone(iPhone5)は、高速携帯通信網(LTE)に世界規模で対応するとのこと。現行の第3世代のiPadでは、米国内のみに限定されていたLTE対応で、iPad 4Gモデルの名称が米国外で問題になりました。 今回は、ヨーロッパ、アジアなどでもLTEに対応できるようにするようです。 ただし、すべてのキャリアで利用可能になるわけではなく、ある程度の制限がかかってくるようだとも述べています。

キャリアによる制限がかかるのは、テザリングをはじめ、いつものことですが、日本国内ではすでにドコモのXiなど、高速携帯通信網を戦場とした戦いが始まっていますので、対応の可能性はもちろん高いでしょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す