iOS6マップアプリの地図がひどい!ユーザーは怒りを通り越して、逆に笑っちゃいます。おもしろ地図データのまとめ。

iiOS6map3OS5までのGoogleベースのマップアプリをかなぐり捨てAppleがiOS6から立ち上げた純正マップアプリが反響を呼んでいます。

建物の3D表示、音声ナビ機能の搭載など、進化の方向性としては非常に正解な機能が強化されています。

しかし、公共機関を使ったルート検索をしようとすると、他社製乗り換えアプリを推奨するメッセージが表示されたり、マップと言うよりはGoogleEarthに近い操作性で、拡大縮小するときに地図の方角がうっかり変わってしまいやすかったりと、小さな不満も出てきています。

その程度なら我慢するはずのアップル信者さえも怒り心頭に発しているのは、肝心要の地図の基本機能やデータがGoogleより遥かに劣っているという一点です。

確かに、3Dマップの表示されるニューヨークなどでみると、上図の写真のように、ビルの屋上がすべて廃棄のようになっているのが、まず目に止まります。

その他様々なデータのミスがありすぎ!

怒りすぎて、笑っちゃいます。

で、そんな笑える地図データを集めたTumblerの画像集が人気を呼んでいます。

例えばストックホルムに謎の断層のズレ?

iOS6map4

iOS6Map1

グニャグニャ!

iOS6

英語圏に中国語表記の公園が!

NewImage

なぜ夜?

Link : 笑えるiOS6地図データ写真集

わたしはちょうど、出張のない時期で、なんの怒りもまだ感じていませんが、これが先月だったら、相当怒りを感じることになったはずです。

仕事でGoogleマップ頼みのかたの真鍮お察しします。

ところで、当座は、SafariかGoogleアプリからGoogleマップを利用できるので、そちらが便利かもしれません。

当初から、iOSのマップアプリは、マイプレイスやマイマップなど、PC側で登録した場所を表示する機能がなく不便でしたので、私はよくSafariからグーグルマップを使っていました。

なかな便利ですよ!

Appleさん、あんまりGoogle離れを無理してしないでください。

Googoleカレンダーは頑張ってiCoudに乗り換えてみました。Appleのデバイス間連携が取りやすく、Googleに劣らない使い心地です。

しかし、マップはさすがに巨人Googleにはかなわないのではないかと思います。Googleサービスが使いたいがために初代iPhone購入を決めた人も多かったはずですから、アンドロイド携帯が使い物になるレベルに達した今こそ、Googleと仲良くしていくほうがユーザーの確保維持につながるのではないかと思います。

私のようなApple&Googleファンはかなり多いですよ、きっと・・・

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す