残念なお知らせ!!新しいiPadが型落ちに!マイナーアップグレード版の「新しい」新しいiPadが登場か!?10月23日のAppleメディアイベントは超盛りだくさん!

iPadAndMini

今週初めに12モデル分のiPadの型番の流出がありましたが、9to5Macさんによると、半数はiPad miniではなくフルサイズの新型iPadのものだったようです。

今年3月に出たばかりの現行「新しいiPad」。iOSデバイスの中で、Appleの旧型ドックコネクター搭載の最後のモデルだったわけですが、半年しか経っていないことを考えると、3月に買ったユーザはちょっと納得がいかない状況です。

新型Lightningコネクターへの移行に伴い、旧型コネクター搭載モデルを売りにくい状況だというのは理解できます。とはいえ、しばらくはminiを売って稼いでくれればいいわけで、敢えて我々「新しいiPad」ユーザーを悲しませる必要はないのではないかと、愚痴りたくもなります。

ただし、見方を変えれば、旧ドックコネクター搭載のモデルを今のうちに買っておくというのも、出費を抑えて数年間乗り切る良策とも言えそうです。

というのも、旧型コネクター版のアクセサリーを持っている方が多いでしょうから、Lightningコネクター製品を買うと、アクセサリー類も買い直す必要が出てきたりもします。

現に私はというと、家と職場とクルマの中に充電ケーブルがあるのがスタンダードになっていたのですが、iPhone5には付属のLightningケーブル一本しかありません。

LTEでガンガン使っているとバッテリーがすぐ無くなり、充電できずに焦ることが多いんです。

結局ケーブルを買うか変換アダプターを買うことにるんでしょうが、5にしなければ不要だった出費なわけです。

 

逆に、5からAppleユーザーにになった方は、少し待ってから新製品で揃えていきたいですね。

前回も10年程変わらなかったわけですから、LIghtningコネクターもおそらく数年間は変更されないはず。どっちで揃えるかは現在の所有品数によると思います。

 

あえて、あと1年ぐらいはすべて旧仕様のままで乗り切ろうという方は、今のうちに旧型ドックコネクター版のiPadと、iPhone4Sをゲットしておくというのも意外と良い手かもしれません。

以下元記事抜粋です。

情報筋によると、23日の発表イベントで、Appleは9.7インチフルサイズのレティナディスプレイ搭載iPadを刷新するようです。それによると、新しいiPadは現行価格据え置きで、WiFiモデルが$499,$599,$699のラインアップ、LTEモデルが$629, $729, $829のようです。価格の変更もストレージの変更もなく16GB, 32GB, 64GBだと考えています。

約半年前に出たばかりの第3世代iPad。今回発表されるモデルはこの第3世代iPadをマイナーチェンジしたモデルで、フルモデルチェンジではないということです。

iMoreやiLoungeが以前に報告した通り、この新型はiPhone5や第5世代iPod touchと同様のLightningコネクターを搭載。また、最近Guardian紙が報じたようにLTEをサポートするでしょう。

Appleにとっては内部のプロセッサやスクリーン、バッテリーなども刷新するいい機会ですが、まだそのような噂は出ていません。

いや〜大変賑やかな発表会になりそうです。

以前お伝えした通り、Mac mini, iMac, 13inch MacBook Pro Retinaなども発表されるという噂が出ていますから。今回は久々にドキドキしながら待つことができそうです。

最近は事前リークは詳しすぎるor 意図的流出っぽくて、ドキドキ感が薄れていましたが、これだけ盛ってくれれば、事前情報が多くても楽しめますね。

さて10月23日(日本時間24日未明)の発表会!間もなくです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す