iTunes 11 ついに登場。完全リニューアル。シンプルなプレーヤーに、iCloudからの直接再生など、新しい機能を搭載。

 

スクリーンショット 2012 11 30 7 31 20

AppleがとうとうiTunes11をリリース

 

iTunes Storeのデザインを完全リニューアルするなど、かなり力の入ったバージョンアップとなっています。

MacRumorsさんによると、大きな変更点は次のようになっています。

 

全く新しいデザイン

 

音楽や映画を探して、楽しむための機能がさらに強化されています。ウィンドウ枠をなくして、コンテンツがウィンドウいっぱいに表示されるデザイン。それぞれのアルバム、映画などのデザインカスタマイズ。またストアではクリックするだけで、あなたへのおすすめが表示されます。

 

新しいストア

 

ストアも完全にリニューアルされました。かつてないシンプルなデザインで、今最も話題の作品が何かがすぐ分かります。あなたに合った、新しい作品に出会えるはずです。

iCloud上からの再生

ストアで購入した音楽や映画はiCloud上にもデータがありますが、それらがあなたのiTunesライブラリーに表示されるようになりました。AppleIDでサインインしていれば、それらを表示できます。

ダブルクリックすれば、直接iCloud上から再生できます。もちろん、オフライン時に再生するために、今までどおりダウンロードすることもできます。

Up Nextアイコン

次に再生される曲が何か簡単にわかるようになりました。画面中央のUpNextボタンをクリックすると、再生待ちの曲が一覧表示されます。このリスト上で、曲順を並べ替えたり、追加、スキップなどを行えます。

新しいMiniPlayer

更に小さなスペースで、更に多くのことができるようになります。楽曲の表示に加えて、アルバムアートの表示、UpNextボタンの搭載などです。小さくてさらにエレガントになりました。

さらに便利になった検索機能

これほど簡単便利な検索がかつてあったでしょうか。

検索語句をタイプすると、すぐに結果が表示されます。あとはクリックするだけです。

Playback syncing(再生位置同期)

iCloudが映画の再生位置を記憶して、デバイス間で同期してくれます。

同じ動画をあなたの持っている別のiPad, iPhone, Mac PC, Apple TV, iPod touchで開いても、以前の続きから見ることができます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す