iPad/iPhoneでホントのDLNA。iOSの一押しDTCP-IP対応アプリTwonky Beamがダウンロード型ムーブに対応。

ムーブ対応

昨年後半辺りから、iOS向けのDLNA(DTCP-IP対応)アプリが続々と登場し、中でも安定性と使いやすさで群を抜いていたのがTwonkyBeam。今までは家庭内で、レコーダーからストリーミング再生のみ可能でしたが、これからは、iPad・iPhoneにムーブしておいて、iPhone・iPadを持ちだして、どこででも視聴できる用になります。

 

DLNA / DTCP-IPってなに?

家電のHDDレコーダーで録画された番組を、LAN経由で他のプレーヤーやPCなどで、家中どこでも楽しめるようにするのがDLNAという規格。

しかし、デジタル放送化と共に規制が厳しくなって、DLNA対応機器に、新たにDTCP-IPという規格が追加されました。それに対応している機器のみで、デジタル録画番組をDLNA再生できるようになりました。

つまり、DTCP-IPに対応していない機器ではDLNAを楽しめなくなってしまったのです。当初iPad・iPhoneにはDTCP-IP対応アプリがなく、「iPhone・iPadはDLNAにはつかえねえ!」という烙印を押されていました。

 

iOSにDTPC-IPアプリが登場

 ところが昨年後半辺りから、DTCP-IPアプリが続々と登場し、中でも安定性と使いやすさで群を抜いていたのがTwonkyBeam。家庭内レコーダーのDLNA/DTCP_IP規格対応に加え、各種動画配信サイトとも連携でき、まさに動画を見るならこのアプリという感じです!

 

ムーブ対応の真価は

ムーブできると外に持ち出せるのはもちろんですが、

もうひとつメリットがあります。それは家庭内LANの回線速度ではストリーミングできない高画質番組をiPadで見られるようになる点です。

例えば私は、東芝、パナのレコーダーを使っていますが、普通にデジタル録画してしまうと、家庭内のWiFiの速度では速度が足りず、再生ができません。そこで、泣く泣く低画質で、DLNA用の録画を行なっています。

幸いパナソニックのレコーダーには、普通録画と同時に持ち出し番組(低画質)を同時録画できるので、低画質で構わない番組は、家中どこででも見られます。が、やっぱり映画などは高画質でみたいですよね。

今回のムーブ対応で、家庭内の回線速度に縛られず、高画質の番組がiPadで見られるようになります。

問題はDTCP-IPの有料化

今回のバージョンアップで、DTCIP-IPオプションが有料(700円)となってしまいました。

前バージョンからDTCP-IP機能を利用している方は引き続きお使いいただけますとのことです。

ま、こんだけ便利なアプリですから、数百円くらい払ってもバチは当たらないでしょう。

    LINK: iTunesでTwonky Beamを見る

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す