英語版Siriが更に進化。長ったらしい質問には、著名人の言葉で対応。

MacRumorsさんに面白い記事が乗っていました。

なんと、英語版のSiriが長ったらしい質問をした相手には、著名人の有名なことばを引用し、やんわりと?「短く行ってくれないとわからないよ」という注意をしてくれます。

まさか、Siriに人生について諭されようとは、だれも夢にも思わなかったでしょう。

例えば、トマス・ジェファーソンの

“The most valuable of all talents is that of never using two words when one will do.” 

(最も重要な才能の一つは、一言で言えることを二言で言わないようにする能力だ。)

とか、上の画像右側は

「文は不要な語、段落には不要な文を含めてはいけない。これは絵の中に不要な線を書かないのと同じ、あるいは機械に不要な部品を入れないのと同じ事だ。」

とのことです。はい。勉強になります。

機械のくせに、ちょっと生意気だな〜。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す