Apple、サードパーティ製USBアダプター交換プログラムを30カ国で開始。

7月中旬に起きた感電事故以来、様々な調査を行ってきたAppleですが、ここへ来て、サードパーティ製のUSBアダプターを正規品に交換するプログラムを始めることにしたようです。

MacRumorsさんによると、対称となるのは以下の30カ国で、交換費用は概ね10ドル前後。各国の事情に合わせて多少金額に差がでています。

対象国

 

  • オーストリア、ベルギー、フィンランド、アイルランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン(10ユーロ:本日現在レートで、約1300円)
  • チェコ(259CZK)
  • デンマーク(79DKK)
  • 香港(88香港ドル:本日現在レートで、約1110円)
  • ハンガリー(2090HUF)
  • 韓国(12,000 KRW)
  • メキシコ(189 MXN)
  • ニュージーランド(15 NZD)
  • ノルウェー(79 NOK)
  • ポーランド(42PLN)
  • スウェーデン(89 SEK)
  • スイス(15CHF)
  • 台湾(290台湾ドル:本日現在レートで、約950円)

中国人女性が、サードパーティー製のアダプタで充電しながら通話しようとして感電死した事件以来、Appleは注意喚起の広報を行ってきました。しかし今回、より具体的な行動に出たという点で、評価できると思います。

今回の交換費用10ドルは、通常販売価格よりも9ドル安く、妥当な料金かと思います。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す