より小さく薄くなったiPad(第5世代)のデザイン図。幅は17mm減!

すでに公然の秘密という感じですが、Appleの次期iPad(iPad5)は現行のiPad miniのデザインに近くなり、より薄くなり、再度ベゼルが細くなります。

今回、その正確な寸法が書かれたデザイン図がappleinsiderさんに掲載されていました。(上図、および下図)

この図はケース・メーカーからAppleInsiderが入手したもので、幅は169.48mmに減少、厚さも7.50mmになるようです。

現行iPad4と比較すると、幅17mm減、厚さ2mm減ということで、恐らく重量も軽くなるのではないでしょうか。

現行のiPad4,そしてその1世代前のiPad3はレティナディスプレイを搭載したことで、バックライトやバッテリーの増強が必要となり、非常に重くなっているのが特徴です。ユーザーからは肩がこると不満の声もあがっています。

今回、薄く軽くなるだけで、かなりの買い替え需要があるのではないかと思います。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す