iWorkニューバージョンに不満の声。

スクリーンショット 2013 10 26 7 55 46

MacRumorsさんによると、旧版からのアップデートが無料という大盤振る舞いにもかかわらず、新型のiWorkに対する不満の声が上がっているようです。

今回のアプデートで、

iOS版のiWorkとMac版のiWorkの連携が更に強まりましたが、そのためにマック版のパワーユーザーから「大事な機能がなくなっている」という声が上がっているようです。

アップルのエンジニアは、明らかに「シンプルさ」に重きを置くために、「パワー」を犠牲にしている。マイクロソフトのWordのようなワープロソフトに近づけるような機能を、あえて追加しなかった。iOS版との連携を高める機能以外は、全く理由もなく取り除かれてしまった。そして、必然的に「パワフルでなく」なってしまったのだ。

たしかに、今回のアプデートが無料になった背景には、iOS版との連携機能を利用するユーザー数を増やし、今後のソフトウェア戦略につなげていこうということではないかと思います。

ただ、iPhotoやiMovieのアップデートなどでもトラブルが多発しているようなので、色んな所でユーザーの不満が高まっています。

追加機能や修正パッチなどの早急な対応が望まれます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す