iOSユーザーのためのAndorid入門。「連絡先」編。アプリ一本でiCloudの連絡先を同期。

 

前回は、iCloudカレンダーを動気する方法を紹介しましたが、今回は連絡先の同期にチャレンジします。

    LINK:iOSユーザーためのAndroid入門(記事まとめ)随時更新

と言っても、手順はたったの2ステップ。

インストール&同期

スクリーンショット 2013 12 18 8 00 02

今回使うのは、SmoothSync for Cloud Contacts。前回と同じ作者のアプリです。

さて、具体的な利用方法ですが、

インストールして起動すると、下図のような画面になります。Screenshot 2013 12 18 07 09 38

ここにAppleIDと、パスワードを入力。

ちょっとわかりにくいですが、下の方にある”Add Account”をタップします。

これで、オッケーです。

あとは、一旦アプリを終了して立ち上げ直して、下図のようになっていれば成功です。

Screenshot 2013 12 18 07 14 43

初回起動時は1分くらい待ってから、連絡帳を開く

初回は、クラウドデータをすべて同期するために、ネット接続の良好な場所で1分ほど待ってから、Androidの連絡帳アプリを開いてみてください。

iCloudで使っていたデータがそのまま、シンクされています。

Googleコンタクトも混在可能

Androidの連絡帳アプリが優れているのは、複数のGoogleアカウントに対応しているところ。さらに、これとは別に、上記のアプリでApple iCloudの連絡先も並行してして利用できます。

下図の赤丸のところから、カレンダー選択画面に移動できます。

Smoothsync contact

そして、開くと、以下の様な画面になるので、連絡帳に表示したい連絡先リスト(アカウント)を選択すれば、必要な情報だけが表示されます。

アカウント選択

私の場合は、ほとんどGoogleにはアドレス登録していませんので、全部表示させても、あまり混乱はありません。

どうでしょう、かなり便利ですし、この使い方なら、Apple端末側でも今までの環境をイジる必要がないので便利です。

アプリ詳細は、グーグルPlayの解説ページへどうぞ。

LINK:SmoothSync for Cloud Contacts (GooglePlay)

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す