iOSユーザーのためのAndroid入門。メモ帳(Notes)アプリ編。iPhone/iPadのメモをiCloudで同期できるiNotes。あるいは、GoogleやEvernoteを使うのが吉かも。

INotes0

iOSユーザーのためのAndroid入門。今回はiOSメモ帳アプリをAndroidで利用する方法です。

これも、今までのカレンダーやリマインダーや連絡先と同様、iCloud上に蓄えられたiOSメモ帳データと同期できるアプリを使います。

iCloudにこだわるならiNoteがベスト

カレンダーやリマインダーの場合は、アプリを使ってiCloudのカレンダーデータなどをAndroidの標準カレンダーデータとして利用できる、いわば中継ぎ的なアプリを使いました。

が、メモ帳は単体のアプリiNotesを使うのが良さそうです。

(Androidの標準メモ帳については、後で説明します。)

このアプリはiOS6時代のメモ帳アプリようなデザインで、機能的にも全く同じようなメモ帳です。

リスト表示画面で、メモを一覧でき(下図)

INotes1

メモタイトルをタップすると以下のような編集画面になります。

INotes2

iOSのメモ帳より便利なのは、複数メモを選択肢、一括で削除したり、メール添付したりできる点でしょうか。

現時点では299円ですので、一番お手軽簡単と言えます。

iPhoneやMacなどを以前から使っていて、メモを貯めこんでいる方はコレが一番いい選択肢でしょう。

  LINK:iNotes (Google Play)

 

それ以外の選択肢1:Android標準のメモ「Google Keep」を使う

冒頭でチラッと書きましたが、Android標準のカレンダーやコンタクトアプリは、あくまでAndroid端末上のアプリであって、そこにGoogleカレンダーなどのデータを読み込んでいるという感覚です。

スクリーンショット 2013 12 18 23 19 50

しかし、メモ帳に関しては、「Google Keep」という、わりと新しいGoogleサービス専用のアプリが搭載されています。

スクリーンショット 2013 12 18 22 39 38 のコピー

このグーグル・キープは、文字をタイプする以外にも、画像を貼り付けたりもできるすぐれものです。

スクリーンショット 2013 12 18 22 54 37 のコピー

そして、Googleアカウントでクラウド上にデータを保管しているので、ブラウザ経由で、どこでもアクセスできてしまいます。

マルチプラットフォーム対応

さらに、専用アプリが、iOSにも用意されています。

加えて、少し前にWindwosに、そして先日Macでもサービスを開始した「ChromeApps」に、GoogleKeepアプリが登場しています。デスクトップで動作するGoogleKeepで作業すれば、オフライン時も快適です。

私の場合は家ではMac、職場ではWindows環境です。iCloudのメモはブラウザ経由なら使えますが、オフラインの時は使えません。この点は、オフラインで使えるグーグルキープが優れていますね。

フォントがきれい

あと、次に出てくるエバーノートの唯一の不満点は「漢字フォントが微妙(中国語フォントっぽい」ということなんですが、グーグルキープはフォントもきれいで見やすいです。(MacやPCの環境にもよりますが。)

    LINK: Google Keep (Google Play)

 

それ以外の選択肢2:Evernote(エバーノート)を使う

ながながと説明を書いてきましたが、既存のサービスで一番多機能かつ、マルチプラットフォームなのは、結局のところEvernoteでしょう。

スクリーンショット 2013 12 18 23 23 45 のコピー

他のメモに未練がない方、エバーノートが多機能でおすすめです。

添付ファイルを付けることもできるし、もちろん画像も貼り付けられます。

添付のPDFなどは、メモ内に内容も表示してくれますので、中身を確認しやすくなっています。

また、標準のアプリには、ウェブページをクリッピングする機能があり、ブラウザで見ているページを即座にエバーノートに記録してくれます。

もちろんマルチプラットフォーム対応

また、マルチプラットフォームで、iOS・Android・Windows・Macなどすべてで同じ環境が利用できます。専用アプリを使うので、オフラインでも利用できます。

ネットにつながっている時に、エバーノートのアカウントを使ってすべてのデータが同期され、どの端末でも同じメモが利用できます。

無料アカウントの容量で、ふつうは足りますから、お金もかからないでしょう。

唯一の不満点は、Windowsのアプリでは、日本語フォントの漢字や句読点などが、ちょっと日本語らしくない(中国語フォントっぽい?)時がある点でしょうか。

(ひょっとすると最新版では、なおっているかもしれませんが、私の方では未確認です。)

    LINK: Evernote (Google Play)

私の選択

Appleファンでありながら、Google好きな私としては、GoogleKeepも捨てがたいかなあという感じです。

一番持ち歩いている確率が高く、サッとメモをするには、やはり余計な機能がなく、サクサクと動くiPhoneのメモ帳アプリでしょうか。

文字ベースのものは、これまでもメモ帳アプリが中心でしたので、とりあえずこのまま行こうかなという気持ちです。

写真やPDF資料などを残しておく時はEvernoteですかね。ただ、多機能すぎて、クイックさに欠けるようなところがあるので、ヘビーなものだけエバーノートに残そうかなと考えています。

あとは、しばらく楽しみながら、Nexus7(Android端末)でGoogleKeepを使ってみます。使い勝手が良ければ、これが、メモ帳アプリの仕事を奪っていくことになるのかなあという気がします。

LINK:iOSユーザーのためのAndroid入門。(まとめ)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す