新型Mac Pro(late2013) 海外レビュー各サイトから続々と。SSD爆速、4Kビデオ編集も凄い!クロというよりグレー・・・(追記あり)

スクリーンショット 2013 12 21 8 42 29

Mac Proのレビュー機が初登場して、すでにまる1日が経ちました。ガジェット系サイトから続々とMac Proのファースト・インプレッションが届いています。

MacRumorsさんによると、SSDの速度と、4K動画のリアルタイム編集を大きく取り上げているサイトが多いようです。以下抜粋してお伝えします。

FCP.co

FCP.coが、24時間試用の結果報告を掲載していますが、これによると、

Black Magicを使ったテストで、SSDはリード880MB/s / ライト985.5MB/sを記録したと伝えています。また、「4K動画にどの程度のエフェクトをかけて、コマ落ちなしでリアルタイム編集ができるか」という検証動画を掲載しています。

我々が、Mac ProでFinal Cut Pro 10.1を使い始めて、24時間がたった。ハード・ソフト、そしてその連携についてレポートしたい。また、4K動画にどれほどのエフェクトをかけてコマ落ちなしで作業できるか、驚愕の動画を掲載する。

中略

フォームファクターについて言えば、我々がこの10年、椅子から立ち上がるたびにイスが足にぶつかる原因となっていた、あのシルバーの筐体からおさらばできた。新しい筐体は机の上に静かに鎮座している。

かなり静かだ。あまりにも静かなので、もし近くでエアコンがついていたり、ハードディスクが回っていたりすると、ファンの音さえ恐らく聞こえないだろう。

中略

頭頂部に手をかざすと、Mac Proから立ち昇ってくる穏やかな気流を感じることができる。しかし、その流れは穏やかで、先代モデルまでのストレージ用ラジエーターのものとは全く異なっている。

もし何かが(例えば本が)頭頂部のヒートベント(放熱用の排気口)を万一ふさいだ場合、マシンが正常な温度を超えれば、自動的にスリープモードに入るようになっている。

また、Mac Proには、セキュリティスロット(訳注:持ち去り防止用のロックを錠の接続箇所)がないが、これは議論を呼びそうだ。というも、以前のモデルに比べて、かなり小さく、軽くなっているからだ。コードを引き抜いて、リュックサックに入れて持ち去ろうと思えば、割りと簡単に出来てしまう。

MacWorld

MacWorldによると、SSDのパフォーマンスはさらに高いとのこと。

同サイトがBlack Mgicでテストしたデータでは、リード 920.5MB/s 、ライト 952.8MB/sという速度。

スクリーンショット 2013 12 21 22 45 48

また、同サイトのレビュアーは「ボディーカラーはみんなが思っているほどクロじゃないよ」友伝えています。宣伝写真では漆黒のイメージだが、どちらかと言うとスペースグレーに近いということです。

追記

カラーは黒ではない。

Mac Proの筐体の色は、予想よりはるかに明るい色だ。AppleのPR動画や写真は暗めのメタリックグレー、ほぼブラックと言っていい色だ。しかし、実際の色は、最新のiOSデバイスのスペースグレー色にかなり近い色なのだ。

実際我々の開封の様子を伝えるスライドショーを見れば、それがよく分かる。

下図は、その写真の一部ですが、なるほど、銀色という感じです。スクリーンショット 2013 12 21 22 55 52

(写真:Macworldより)

LINK:Macworld Mac Pro Slide show

もちろん光を反射しやすい鏡面仕上げのようですので、もちろん、周囲の状況によっては黒に見えることもあるのだと思います。

また、速度についても、旧モデルと比較しています。

確かに、速い。

しかし、実際にMac Proを購入するユーザーのことを考えた時、最も大事ポイントを忘れてはいけない。つまり、どれほど速いのか?という点だ。

当然、これが今までで一番速いMacだ。先ほど言ったように、何度もテストを行っており、間もなく結果が出ることにあるだろう。

しかし、とりあえず言えることは、8コアのMac Proで最初にGeekbench3を走らせた時、シングルコアのスコアは3599、マルチコアでは25997だったということ。

比較のために書いておくと、Mac Pro2012年の12コアモデル(2.4GHz Xeonプロセッサ2基)でのスコアは、シングル1242、マルチ22886だった。

また2013年のiMac 27インチ、クアッドコアモデル(3.5GHz Core i7)では、シングル3859、マルチ14705だ。

こうやって見ると、最速の名は本物だとういことがよくわかります。

しかし、iMacの性能が予想以上に高いというのも見て取れますね。

我々庶民の作業には、iMac以上は必要なさそうです。

4K動画が当たり前になる日が来る頃には、iMacのスペックが今のMac Proぐらいに進化しているんでしょうね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す