AppleがiOSデバイス・カメラの手ぶれ補正を強化か?

Camera module1l

昨日、iPhone6のカメラが8メガピクセルのままで、手ぶれ補正などを強化することになるだろうと、お伝えしましたが、それを裏付ける情報がMacRumorsさんに報告されています。

Appleの最新の特許申請書類に、iPhoneなどのカメラの、手ぶれ補正技術に注力している様子がわかります。

iPhone5Sでは写真撮影に、ソフトウェア手ぶれ補正が導入されましたが、どうやら、今後「光学手ぶれ補正」を導入しそうです。

ソフトウェア補正?光学補正?

iPhone5のソフトウェア補正

iPhone5Sのソフトウェア手ぶれ補正は、写真撮影時に高速に4連写し、その4枚の写りが良い部分をソフトウェアが判定・合成し、1枚のきれいな写真に仕上げるというもの。

コンパクトカメラでは一般的なソフトウェア補正ですが、被写体のありのままを捉えるという意味では、光学補正にはかないません。

iPhone6?の光学補正

今回Appleが届け出た技術は、光学手ブレ補正です。

おそらく次期iPhone(iPhone6?)で採用されるのでしょう。

光学手ブレ補正は、デジタル一眼カメラで使われている技術で、レンズか受光センサーを物理的に動かして、ブレを補正する技術です。

具体的な構造は?

上図および下図のような構造をとるようです。

Camera module2

小型デバイスのカメラで、オートフォーカスに使われるVCM (voice call motor)アクチュエータに、手ぶれ補正機能を内蔵させる方法をとるようです。

オートフォーカスと光学補正の結合により、ひとつのアクチュエータ・モジュールで、レンズと受光センサーの位置関係を5軸で調整できるようになります。つまり、レンズは3軸方向に平行移動し、2軸方向に回転できるということになります。

Cambridge Mechatronics社の技術

Appleは 一昨年、カメラ技術会社のCambridge Mechatronicsに10年以上在籍していたTopliss氏を獲得しています。同氏は今回のAppleの技術の先駆けとなる特許技術の開発者です。

PR:Amazon在庫一掃セール、一眼カメラ50%オフ商品も!

  46%オフ      50%オフ

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す