Apple、タブレット市場でのシェアやや拡大。ホリデー商戦が貢献。

スクリーンショット 2014 01 30 7 10 37

リサーチ会社のIDCのまとめによると、2013年の第4四半期のタブレットマーケットでは、Appleのシェアがやや拡大したようです。

近年他社のAndroidやWindowsタブレットなどが登場したことで、減少傾向が続いていましたが、昨年末のホリデー商戦の好調もあり、昨年同期比で13.5ポイント増となっています。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す