CarPlay後付け製品開発は困難!?

スクリーンショット 2014 03 05 7 45 45

先日、メルセデスやパイオニアがアフターマーケット用のCarPlay対応製品の開発を行うという記事がありましたが、どうやらなかなか苦労しそうな雰囲気です。

MacRumorsさんがまとめたところでは、後付け製品の開発には様々な課題が待ち受けており、各社が尻込みしているようです。

フェラーリ社とボルボ社がAppleToolboxに伝えたコメントは以下のとおりです。

フェラーリ

 

CarPlayという新たなシステムは、新型車種のみに対応する予定で、旧型車種には搭載できません。ですが、お客さまにとってインフォテインメントシステムが非常に重要であることは認識しており、旧型車種のオーナーの皆様も他のユーザーと同じように扱われるべきだと理解しています。ですので、アフターマーケット用の(CarPlayではない)旧世代インフォテインメントシステムで、最新の携帯電話と連携できるシステムを開発してきたわけです。

ボルボ

当社は、アフターマーケット用のAppleCarPlayについて、現在何も公式発表していません。今後の可能性について私の口から何も語ることはできませんが、ひとつ言えることは、開発には技術的にも、ユーザービリティの店でも非常に障害が多いということです。

パイオニア、ケンウッド

 また、自動車メーカー以外のインフォテインメントシステム開発各社に関しては、先日対応を発表したパイオニアも、その後やや引き気味なコメントを出していますし、他社に至っては様子見を決め込んでいます。

KenwoodがMacRumorsに語ったのは以下のとおり

私が言えることは、CarPlayを2014年中に出すことはないだろうということです。我々はこのオペレーティングシステムとGoogleのものと、両方に注目しています。

また、私は他のエンジニアとAppleのアフターマーケット市場進出の意向について議論したこともありません。

現在当社の製品も、Siriをはじめ、AV機能やナビゲーションなど、AppleのCarPlayと同じ機能をサポートしています。ですから、自社インターフェイスのほうが、接続性の低い汎用のOEMシステムよりインパクトがあるのではないでしょうか?

Appleはまだアフターマーケットには注目していない

これらのコメントから、Appleが他社にアフターマーケット進出のための働きかけをしていないということがわかります。

初めて立ち上げるシステムですから、車のことをよくわかっているメーカーサイドから、自社システムの一部として出してもらうほうが、責任問題も含め安心できるといった理由からでしょう。

一旦軌道に乗ってからでないと、アフターマーケット進出の可否については議論できないのでしょうね。

ま、カーナビでiPhoneなどとの連携が出来る製品は山ほどありますので、CarPlayにこだわる必要はないのかもしれません。

確かにこれだけの機能を備えていれば十分かも。

LINK:Kenwood 彩速ナビMDV-Z700ページ

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す