新型iMac廉価モデルは、メモリの増設はできません!なんとハンダ付けされていました。

MacRumorsさんが伝えた衝撃の事実

なんと、新型廉価モデルiMacのメモリ=はマザーボードに直にハンダ付けされています。

つまり、増設不可!

1.4GHzのモバイル用プロセッサを採用していることからも、普通のiMacではないことは、重々承知ですが、ここまでやると、誰をターゲットにした機体なのかは明白です。

「とりあえずMacほし~!やすーい!これにしよ~。」という層に訴えかけているということでしょう。

色々と使い倒したい方は、少なくともひとつ上のモデルを選ぶようにしましょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す