iPhone6搭載のA8チップは、ついに2GHz超えか!?デュアルコアは継続。

スクリーンショット 2014 07 12 7 28 04

(画像は現行A7チップ)

GforGamesが、中国語サイトのcnBetaからの情報として伝えたところでは、iPhone6に搭載されるA8チップはついに2GHzを超えるクロック数になるとのことです。

現行のA7チップは、iPhone5SとiPad miniでは1.3GHz、iPad Airでは1.4GHzですから、かなりのジャンプアップですね!

製造プロセスは変更

64bit、デュアルコアという点にに変更はないが、製造プロセスが現行の28nmから20nmへと変更されるとも伝えています。

製造はTSMCとSamsungが請け負うだろうとのこと。

Androidスマホ各社がクアッドコアに乗り換える中、デュアルコアに留まるという判断は、自社でハード・ソフト両面を統合的に開発しているAppleの強みを活かせば処理力でも負けないということでしょう。きっと。

確かに、現行A7でもデスクトップ並みの性能を謳っているので、クアッドコアに拘る必要はない気がします。

また、現行のA7を活かしきれるソフトウェアが多くはないことを考えると、ソフトウェアの改善とより多くのハイスペックアプリの登場の方が急務なのかもしれませんね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す