iOS8に向け、サードパーティ製ソフトウェアキーボード続々登場!

スクリーンショット 2014 08 27 8 01 06

iOS8では、ついに、アップル純正以外のソフトウェアキーボードがインストールできるようになります。

Androidでは当たり前となっている、サードパーティ製キーボード。特に日本語環境では、変換アルゴリズムのノウハウをPC時代から蓄えてきたATOKなど、定番製品を使いたいユーザーも多いはずです。現行IOSでは、キーボード単体アプリを認めていませんので、メモアプリなどの形で登場し、アプリ内でのみATOKで文章を書き、他のアプリへ出力するという体裁をとっています。

しかし、間もなく、サードパーティキーボードが解禁になるのです!

ヒューマンインタフェースは使用感の鍵

スペックに目が行きがちな日本人ですが、実はPCやスマホやタブレットを使っていて、「ストレスを感じる」か「快適に感じるか」の鍵は、人間の5感とやりとりをするヒューマンインタフェース。つまり、ディスプレイやキーボード、マウス、タッチデバイスなどです。この分野の微妙な設定ができることがAppleの製品エクスペリエンスの高さの理由の1つです。

サードパーティキーボードを認めなかった理由は、一つはセキュリティ面。もう一つは、インターフェイスの精度を落としたくなかったからでしょう。

英語圏でもさまざまなキーボードが

日本語圏だけでなく、英語圏でも、予測入力機能など、さまざまな独自機能を盛り込んだサードパーティキーボードが登場を予定しています。

なかでも、面白そうなのが(いや、日本語圏の入力では、わりと普通かもしれませんが)、QuickBoard。とりあえず動画をどうぞ。

何度も繰り返し入力することが多い「定型句」を便利に入力できるというのが売りです。

定型文以外にも、クレジットカードや住所など、個人情報を素早く入力できるような仕組みも搭載しているようです。

すでにAndroidでは予測候補で素早く入力できると定評のあるFleksy(以下動画)や、指を離さずにすべらせながら入力できるSwypeなど、iOS8での参入へと着々と準備を進めているようです。

Swype

Wpid Photo 20140603104655

日本ではATOKやGoogleか?

私にとっては、Macでも使っている、無料のGoogle日本語入力が出てくれるとありがたいなあという感じです。あるいはお金を払うならATOKかなあとも考えています。

とにかく、日本は変換入力の先進国として長い歴史がありますので、きっと面白いキーボードが登場するはずです。楽しみです。

ただし、Androidでは、Shimejiなどおもしろくて多機能な入力がウリの人気アプリがありますので、それらもきっと進出してくるでしょう。ただ、Android界隈では「入力データーを吸い上げて何かに利用しているのではないか」と疑われるような件もすでに起こっています。Appleには厳格な審査をお願いしたいですね。

ここまで純正しか認めてこなかった一番の理由は「セキュリティの確保」でしょうから。

とにかく、手に触れる部分は重要!キーボードが変わるだけで新しいiPhoneを買った気分になれるはずです。

財布やペンなど、手で持つアイテムにいいものを使っていると、なんだか日々の生活がすこしリッチになった気がします。手ざわりって大事なんですね!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す