古いMacでもiOS8とOS X YosemiteのContinuity(連携)が利用可能に!「Continuity Activation Tool」が登場!

スクリーンショット 2014 10 24 7 17 31

MacRumorsさんによると、同サイトのフォーラムから、サポート対象外になっている旧モデルMacからもOS X YosemiteのContinuity(連携)機能を利用できるようになるフリーウェアが登場しました。

このフリーウェアでContinuityが利用可能になるのは上表のモデル。私のMacBook Pro 2010も入っています!

SMSをMacから利用できる機能が喉から手が出るほど欲しかったのですが、これで使えるようになりそうです。

ソフトウェア概要

 

 

このソフトウェアは、OS X や iOS8が連携機能を使わせるかどうか判断するのに使っている、BluetoothコードのブラックリストファイルやMacのボードIDのホワイトリストを書き換えることで、連携機能の利用を可能にするようです。

また、書き換え前にオリジナルのファイルをバックアップしてくれるようです。

ま、システムをいじるアプリですので、万が一Macが動作しなくなった時のために、OSの再インストールということもあるかもしれません。Time Machineなどでバックアップをとっておくということも大事かもしれません。

このソフトウェア、GitHubからダウンロードできます。

 

スクリーンショット 2014 10 24 7 33 02

リンク先のページ、下図赤丸部分をクリックでダウンロードできます。

LINK: Continuity Activation Tool (GitHub)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す