新型AppleTV 2015年モデル、6月のWWDCでついに登場!?A8プロセッサ搭載でSiri, App Storeにも対応か?

MacRumorsさんによると、待望のAppleTVのニューモデルが2015年のWWDC (World Wide Developers Conference)で発表されるだろうとのことです。

2012年以来アップデートがなかっただけに、今回は完全オーバーホールして、ブランニューなモデルに生まれ変わりそうです。

同記事によると、A8プロセッサを搭載し、内蔵ストレージ容量は8GBから「飛躍的にアップ」するとのこと。

また、デベロッパーはSDKが利用可能になり、対応アプリを開発することができるようになるようです。アプリが使えるAppleTVになれば、我々ユーザーがAppleTVに触れる時間もかなり増えるのではないでしょうか。

音声認識のSiriに対応し、ホームキットにも対応しホームオートメーションのハブとしても利用できるようになりそうです。

なんにしろ、しばらくぶりのアップデートです。待ちわびていた人も多いことでしょう。私もその一人。「次が出たら買おう」と思ってから22年ほど経ってしまいました。需要は多いことでしょう。

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す