iPhone6s用、新プロセッサ「A9」生産開始。SamsungとTSMC。

さあ、いよいよ次期iPhoneに向けて、本格的な生産が開始です。

MacRumorsさんによると、iPhone6sに使われるであろうA9チップの生産が、Appleの提携企業であるSamsungとTSMCで生産開始されました。

情報元はDigiTimesですが、同記事によると、最終段階でチップ内のレイアウト変更のリクエストが出されたということですが、生産スケジュールに影響はないようです。

TSMCは、16nmプロセスのA9チップの量産を2015Q4から生産開始すると伝えられています。また、同社は指紋認証センサや、オーディオチップも生産するようです。

また、最近の情報では、Samsungが生産するとか、TSMCとSamsungの両者で生産するとかいろいろな話が出ていますが、どうなんでしょう。

ただ、Digitimesはサプライヤー筋から情報を得られるようですから、7月生産開始という話自体は、信用できるのではないでしょうか。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す