Apple Watchは健康増進に効果あり。ユーザー大規模調査から判明!!

MacRumorsさんによると、リサーチ企業のWrislyが行った調査で、AppleWatchをすぐに導入したアーリーアダプターたちのほとんどが、以前よりも健康を意識したライフスタイルに変わったことが判明したそうです。

AppleWatchでより健康的に

調査に参加した約1000人のうち、75%以上が「AppleWatch購入以前より立つことが増えた」の項目に「かなり当てはまる」「当てはまる」と答えています。

同様に「以前よりもよく歩くようになった」には67%が、また「より健康的な選択をするようになった」には59%が、そして「運動する機会が増えた」には57%が「かなり当てはまる」「当てはまる」と答えています。

AppleWatchの満足度は?

また、AppleWatchへの満足度については、調査に参加したアーリーアダプターたちのうち「かなり満足している」「満足している」が、合わせて89%に達しています。また、健康関連のそれぞれの機能別の満足度も、上のグラフのとおり概ね良好です。

今後の改善ポイントとしては、グラフの右端「サードパーティ製のアプリ」の充実が、先ず第1挙げられそうです。また、発売当初から言われきた、プライバシーの問題も、もうすこし考えてほしいとユーザーは思っているようです。

大半の購入者が毎日使用

1000人規模の調査で、たった3人だけ「もう使っていない」と答えたそうですが、それ以外の人はほぼ毎日使っているようです。

86%が「毎日」、12.3%が「ほぼ毎日」身につけており、1.3%が「たまに付けない日もある」そうです。

もちろん、新しもの好きorApple大好きな人たちがアーリーアダプターでしょうから、好意的な結果が出やすい調査ではありますが、まずは、アーリーアダプターの心を掴んでいることが、一般消費者への展開の足がかりになります。

この結果を見れば、まずまず成功しているといえるのではないでしょうか。

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す