iPhone6s用フォース・タッチ・ディスプレイパネルが量産開始。

MacRumorsさんによると、次期iPhone(iPhone6s / 6s Plus)に搭載されるフォースタッチ対応のディスプレイパネルが量産体制に入ったそうです。

6月には限定的に生産が始まっていましたが、ついに本格生産、秋の登場が迫ってきている感じがします!

また、タイペイタイムズからの情報として、フォース・タッチ・パネルの生産を担っているTPKが、フォース・タッチが、今年後半にさらに多くの製品に利用されることを示唆しているようだと伝えています。

iPhone6sは、A9プロセッサ、2GBのメモリを搭載し、現行よりも速いLTEモデムチップに変更され、現行モデルと同じ4.7インチのノーマルと、5.5インチのPlusの2モデル構成で発売されると言われています。

また、リアカメラは12メガピクセルになり、ボディには7000シリーズのアルミが使われるとのことです。

デザイン的な変化はないようですが、sモデルらしい内容の充実が図られています。楽しみですね。

LINK:過去記事:夏だドライブだ車載用扇風機だ!2列目、3列目の後席を涼しくする車内用ファン使用レポート。冷房の効きが格段に違います。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す