新型Retina MacBookには、IntelのSkylakeプロセッサがラインナップされる!?

MacRumorsさんによると、IntelのCore Mチップの第6世代目となるSkylakeがMacBook AirやMacBookに使われそうだと伝えています。

インテルはSkylake-Yを採用したチップを性能別にCore m3, Core m5, Core m7というブランド名で出す方針のようですう。

ローエンドのCore m3 6y30は900MHzのデュアルコアで、TurboBoost時には.2GHzまでクロックアップします。L3キャッシュを4MB搭載、HD515グラフィックを採用し、GPUは850Mhz。TDP(熱設計電力)は4.5ワットです。どうやらMacBook(12インチ)のベースモデルに適していそうです。

ミドルレンジモデルのCore m5 6Y54とCore m5 6Y57は、上述のモデルと似たようなチップで、1.1GHzのデュアルコア、TurboBoost時にはそれぞれ2.7GHz / 2.8GHzまでクロックアップします。L3キャッシュが4MB、HD515グラフィックスを採用する点は同じです。ただ、GPUのクロックは900MHzと、若干高くなっています。TDPは4.5ワット。この2つのチップはMacBook 12インチのハイエンドモデルに適していそうです。

ハイエンドのCore m5 6Y75は1.2GHzのデュアルコアで、TurboBoost時には3.1GHzまでクロックアップします。L3キャッシュが4MBでHD515グラフィックスを採用するのは同様。ただしGPUクロックは1GHzと更に高速です。TDPは4.5ワット。このチップはMacBookのプレミアムモデルに向くと思われます。

また、同記事によると、これらのチップはすべて、SATA 6Gb/sポートを2つ、PCI-Eインターフェイスを10レーン、USB2/3ポートを6つ、eMMC5.0インターフェイスを備えており、USB OTGやRappid Storage Technologyをサポートしているとのこと。また、これらCore m プロセッサは、DDR3L-1600・LPDDR3-1866メモリを共に使用でき、TDPは4.5ワット・3ワットとなります。また、必要とあれば、高速化してTDP7ワットまで動作可能だそうです。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す