Android WearがiOSに正式対応。iPhoneユーザー向けスマートウォッチの選択肢が拡大。

MacRumorsさんによると、Googleが同社のスマートウォッチ「Android Wear」をiPhoneと連携するためのiOS版Android Wear アプリをリリースしたとのことです。

GoogleのAndroidを搭載したスマートウォッチ勢は、AppleWatchが出る随分前から登場していました。

色々なメーカーがリリースしているので、デザイン的な選択肢も多く、AppleWatchくらい多機能なものから、もっとシンプルなものまで様々です。

ただ、これまでiPhoneとはきちんと接続できないので、Appleユーザーの選択肢からは外れていました。

今回Android Wear for iOSが登場したことで、AndroidスマホからAndroid Wearで連携できていたのと同じように、iPhoneからもAndroid Wearでさまざまな連携がとれるようになります。

例えば、時計の盤面をサードパーティ製のさまざまなデザインに変更することや、フィットネスデータの取得、通知、Google Now、ボイスサーチなどです。

また、天気やGoogle翻訳の機能などもプログラム自体には入っているようですが、Appleがアプリに課している規制のため機能してさせていないようです。

Appleの審査を通すために、本来できるはずの機能が殺されているのは残念ですが、これまでの状況を考えると大きな進歩です。

私は大のAppleファンですが、Googleも結構好きです。ただ、この前、AndroidタブレットのNexus7が文鎮化してしまい、ややGoogleに不信感を抱いてしまっています。

大きな買い物、特にタブレットやパソコンはAppleが信頼できるなあと改めて思いましたが、スマートウォッチなどの小物類やウェブサービスについてはまだmだGoogleに惹かれてしまいます。

安価なスマートウォッチも多いようですから、この際試してみようかなあと思っています。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す