iPone6sは、iPhone6よりちょっとだけ厚みが増します。大きもビミョーにちょっとだけ・・・。

間もなく発表となるiPhnoe6sは、iPhone6と同デザインとはいえ、ほんの少しだけ厚みやサイズが増えるという話です。

MacRumorsさんによると、このビミョーな増加は、使用されるアルミ合金の種類の変更や、特に6 Plusで発売当初取り沙汰されていた「曲がりやすい」という問題への対処、そしてForceTouchの搭載によるものだそうです。

流出パーツの実測値

同サイトが入手した6sの流出パーツを計測したところ(上図)、厚みは7.08mm。現行iPhone6は6.9mmですので、0.18mmの増加となります。

これまでに噂で出ていた0.2mmの増加という話とも一致する値ですね。

(一方iPhone6 Plusの方は7.1mmから7.3mmへと増加すると言われています。)

また、縦x横方向の実測値はそれぞれ139.19mm・67.68mmで、現行モデルの138.1mm・67.0mmから微増となっています。厚みに比べると増加の割合が大きいように感じます。

ただ、同サイトはあくまでリアシェルパーツのみからの測定値であることを念押ししており、先日Ubox Therapyが測定した138.26×67.16mmという値もあるということを消化しています。こちらの値は、厚みの増加といい感じに釣り合う気がしますね。

6のケースは6sに流用可?

以前にもありましたが、sモデルへアップデートされる際にミリ単位以下のサイズ増加が行なわれても、すでに出回っているケースのほとんどは流用できるものと思われます。やたら固い素材でピチピチのサイズ出ない限りは、という前提ですが・・・。

どんな発表会になるのか、待ち遠しいですね!

発表会の様子はApple公式サイトでストリーミング中継されます!

米国太平洋夏時間で9月9日10;00am(日本時間では翌10日2:00am)からです。眠い目をこすりながら見届けたいと思います。

LINK:Apple公式 Apple September Event ページ(英語)

ちなみに、iPhone6発売からAmazonでコンスタントにベストセラーに入っているケースは、これ。シンプルさと、価格と品質のバランスがいいみたいです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す