iPhone6のケースにiPhone6は入らないのか?iPhone6 とiPhone6sのサイズの違いは?

スクリーンショット 2015 09 11 6 41 20

さて、iPhone6sの発売開始を控え、ケース市場も活気づいてきそうな予感です。

ところで、すでに持っているiPhone6用のケースは6sに入らないのか、気になるところです。

もちろん厳密に言えば「6s対応」と書かれたものを買うのが一番ですが、特に発売当初は気に入ったケースが「6用」しか売っていないという場合もあるでしょう。

iPhone6 とiPhone6sのサイズの違いは?

サイズ的には、6sになって厚さが0.2ミリ、縦横はそれぞれ0.1ミリの増加となっています。

6sは具体的には厚さ6.9mm→7.1mm、縦138.1mm→138.3mm、横67.0mm→67.1mmです。

6sPlusのほうは厚さ7.1mm→7.3mm、縦158.1mm→158.2mm、横77.8mm→77.9mmです。

6のケースは入るのか?

私もまだ試す機会がありませんが、よくあるタイプのシリコンやTPU製のケース、フリップケースでもiPhone取り付け部分がTPUのものなどは、恐らく使えると思います。以前(4→4Sのときだったかな?)同様のことがありましたが、問題なく使えました。

あと、スリップインケース。これは多分全然問題ないでしょう。よっぽどタイトなものでない限り。

こういう事情もあって、ケース会社の方も対応が早く、自社で試した結果大丈夫な商品をいち早く6s・6sPlus対応商品としてパッケージングを替えてくるので、商品の流通自体は早いと思います。心配な方は6s対応を買いましょう。(ネットでの対応表記を変え、パッケージに6s対応というシールを貼るくらいでしょう。きっと)

ただし、新機種発売当初は、皆が買うので品薄になることはいつものこと。自己責任で早めにそこそこのケースを買っておくのも手だと思います。

ちなみにiPhone6のケースで「Amazonベストセラー1位」を長期にわたって獲得していたのがこのケース(左側のやつ)。Highend berry のストラップ穴付きのケースです。(いつ検索してもトップ検索でした。)

 

 

一方iPhone6 Plusの方では、かなり評判が良かったケースが、すでに投げ売り状態。500円台で買えます。これならもし入らなくても惜しくないですね。

 

私はずっと、この右側のSpiegenのやつを使っていますが、しっかりとしていて、本体のデザインも損なわず、かなりいいですね!0.2mmくらいの差は大丈夫そうに感じます。(あくまで印象ですが)

さて、買うなら激安になった6/6Plus用といのもありという気がしてきましたね!

 

やっぱり不安という方は6s対応を買いましょう

やっぱり不安という方は、私のお気に入りのSpiegenのケースが、iPhone6s / iPhone6s Plus対応商品をいち早く出しているので、こちらはどうでしょう。お勧めです!やはり、値引きは少ないですが。

iPhonn6s用

iPhone 6s Plus用

おそらく、上の以前の6用のものと同じ中身なのかもしれませんが、安心のためにちょっと余分に払うのもありですよね。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す