iPhone6sの3Dタッチは、トラックパッドモードも搭載。カーソルをマウス感覚で動かせそうです。

スクリーンショット 2015 09 10 7 23 47

MacRumorsさんによると、Appleの新型iPhone「iPhone6s」「iPhone6sPlus」に搭載される3D Touchは、さまざまなショートカットメニュー的な操作ができるだけでなく、ノートパソコンのトラックパッドのようなモードもあるそうです。

3Dタッチが搭載されたことで、強く押したり、弱く押したりするのを区別する「Peak」「Pop」という新たな操作性を手に入れました。

そして、それだけでなく、アプリによってはトラックパッドモードに切り替えられるようです。ノートパソコンのようにマウスカーソルが表示され、それをトラックパッド的な操作で動かすようです。

ボタンひとつであなたのキーボードをトラックパッドに変えられます。

メモ帳や、メール、メッセージなどのアプリでキーボードを押すと、トラックパッドのように動作します。そして、カーソルで簡単に範囲選択し文章を操作できるのです。

ということです。これまで面倒だった範囲選択などがサクッとできるのは大歓迎。例えば、サードパーティ製のアプリでこの機能が利用できるとすれば、絵の細部を描いたりする際に、描画したい部分が指で隠れてしまうという悩みは解消されるのかもしれません。

さて、3Dタッチの動画をみていない方は以下をどうぞ!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す