iPhone6sの突然写真が動き出す「Live Photo(ライブフォト)」。ストレージ消費は静止画の2倍。

スクリーンショット 2015 09 12 7 46 13

iPhone6sの新機能Live Photo。ハリーポッターよろしく、静止画をタップすると動き出すという面白い機能です。既存iPhoneユーザーがそこでふと思ったのがファイルサイズの問題ではないでしょうか?

結論から言うと、MacRumorsさんは保存容量は静止画写真の約2倍になるだろうと伝えています。

静止画に加えて3秒間の動画と音声を接続した形式で、2倍のストレージを食う。まあ、そんなものかなあという感じはします。しかしこうなるとますますストレージ容量の大きいモデルを買いたくなりますね。

旧機種のiPhoneやiPadでも見ることはできるそうです。(撮れないってことかな?)

さて、この機能のAPIは公開されうそうですので、サードパーティアプリにもこの機能をうまく取り込んで欲しいですね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す