iPad mini 4はクロックアップ版のA8チップを搭載か?A8Xではないのですね・・・。

MacRumorsさんによると、先日の発表会で紹介された新型のiPad mini「iPad mini 4」は、昨年登場したiPhone6などに搭載されているA8チップをスピードアップさせたプロセッサを使っているそうです。

iPad mini4は、基本的にはiPad Air 2をサイズダウンしたモデルという扱いなのですが、搭載されるプロセッサは、iPad向けにグラフィックを強化したA8Xではないようです。(上図はネタ元のArs Technicaが行ったベンチマークです。)

具体的には、iPhone6の1.4GHzを少しクロックアップさせた1.5GHzで動いており、メモリはiPad Air2と同じ2GBを搭載しているとのことです。

前モデルのmini 3よりは20%程度の性能アップが認められるようです。

小さいながらもAir 2と同じ解像度のディスプレイを駆動することになりますので、性能差が出てしまうことは間違いありません。ただ、小さい本体で同程度のバッテリーライフを確保するためなど、理由があってのA8搭載なのでしょう。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す