iOS9の初期適用率はiOS8の時と同じくらいのようです。私もアップデートしましたが、快適に動いています。

IOS9adoption24h

昨日iOS9が日本でもリリースされました。私も早速アップデートして使っています!さて、MacRumorsさんによると、リリース最初の24時間での適用率は昨年のiOS8と同程度のようです。

さて、バージョンアップ当初は様子見を決め込んでいる方も多いと思いますが、とりあえず、私のiPhone6 Plusは快適に動いています。

アプリによっては、事前に「バグるかもしれないからiOS9対応版が出るまでまってね!」というアナウンスがありました。ただ、私のiPhoneでは動かなくなったアプリはここまで見当たりません。意外と大丈夫なんですね。

一晩の利用で体感できた違いは、メモ帳やSiriの進化。とくにメモ帳の手書き機能は以前からある手書きメモアプリにも引けを取りません。ものさしが表示されてまっすぐ線を引けたりするのも面白いですね。

Siriは画面がチョット変わり、シャープな印象。

そしてホーム画面を左にスワイプすると、私がよく使うアプリや、好みの系統のニュースへのショートカットが表示されます。便利!

省電力機能などはこれから

バッテリーが以前より持つようになるとか、Metalによる描画能力の向上などは、これから追々体験していきたいと思います。

新しくなったマップアプリで東京をFlyOverしてみてください。かなり高精細な3D表示が楽しめます。航空写真ベースなのに建物の屋上面などはCG的になめらかな色合いに加工されていて、かつ立体的。Metalのおかげかスムーズにスクロールできます!これは一見の価値有りです。

まだの方は、ぜひ、アップデートしてみてください。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す